記事詳細ページ

山形の宝探訪パンフ (山形県HP)

山形の宝探訪パンフレットを作成しました。
「山形の宝」である県内の文化財等について、エリアごとに紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。


パンフ(一括)http://www.pref.yamagata.jp/ou/kyoiku/700015/yamagatanotakara/1203tanbou-panfu/1203tanbou-all.pdf
 

記事:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kyoiku/700015/1203yamagatanotakara-panfu.html
山形県:http://www.pref.yamagata.jp/


------------------------------------------------


事務局より

山形の宝として、白鷹町からは以下の2件が紹介されていました。



60 鮎貝八幡宮本殿
 白鷹町大字鮎貝[県指定有形文化財]


 江戸時代末期の天保(てんぽう)年間に建築され、明治時代に現在地へ移築されたもので、
 軒下や虹梁(こうりょう)の装飾的な彫刻に特徴があります。
 地方棟梁や木彫師の技量を知るうえで貴重なものといえます。
 例祭では「七五三獅子舞」(町指定無形文化財)が奉納されます。

----


66 本場米琉(白鷹板締小絣) ほんば よねりゅう (しらたか いたじめ こがすり )


 白鷹町大字十王[県指定無形文化財]
 板締染めによって作られる織物で、全国的な名品としてとして評価されています。
 「米琉」は米沢琉球紬の略で、米沢紬の柄が琉球紬(りゅうきゅうつむぎ)に似ているところから名付けられました。
 工芸技術が継承されています。



2012.03.30:[ピックアップ情報]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
SYCN 事務局:画像

SYCN 事務局

イベント情報を中心とした山形県白鷹町の若者によるコミュニティネットワー..