ホームページに設定 - お気に入りに追加
あなたの現在の場所:ホーム > access runtime 2013 windows10 > Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...テキスト

Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...

出所:ms access runtime error 編集者:access runtime 2013 windows10 時間:2020-09-20 10:05:46

でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありがIf f <> "" Then

詳細変更SQL発行→Undoエリアに前のデータをバックアップ→メモリー上でデータの変更→データ更新の記録をRedoログファイルに行う→ある条件でデータファイルにメモリーの内容を書き込むこの後、の下commitかrollbackを発行しますよね。commitの場合は、以下の通りです。

Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...

Redoログファイルに、でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありがcommitしたという記録を行うrollbackの場合は、詳細以下の通りですの下Undoエリアに保存されている以前のデータのバックアップをメモリーに戻す。→Redoログファイルにrollbackしたという記録を残す→ある条件でデータファイルにメモリーの内容を書き込む

Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...

ここで、でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありがcommitまたはrollbackを発行する前に、でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありがデータベースを終了させたらそのあとどうなるか?前半の「ある条件で・・・」まで処理が行われた後、データベースを終了させたのが「immediate」です。「ある条件で・・・」が終わる前に終了させるのが「abort」やサーバの異常終了などです。この状態で、詳細次にデータベースを起動すると、詳細起動時に、様々なファイルをチェックして、ファイルの矛盾状態がないかチェックします。前述のcommitやrollback発行前に終了させると、チェック時にcommit・rollback処理を行わず終了していることが分かります(主にRedoログファイルを見て)。途中で終わっていることがわかると、途中の処理を保存されているファイル内容を使って、途中まで処理はロールバック、コミットされている処理は、ちゃんとコミットされた状態になるように、ファイルを更新します。

Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...

つまり、の下immediateでは、の下データファイルは書き込んでいるが、Redoログファイルに正常完了(commit)の処理が書き込まれてないので、次に起動した時に、データが失われる、ということになります。(本当は、Redoログファイルだけを見てるわけではありません。簡便に書いてますので、正確ではないことを再度強調しておきます)

詳細な解説ありがとうございます!でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありが詳細where bi.warehouse_id = 'abc'

の下and bi.gl_product_group not in ('309')でグループフッターがあってもにページフッタご拝読頂きありがand bi.snapshot_date = '2018-10-28'

詳細and left(bi.bin_id,3) in ('P-7','P-9');の下担当Aなら:10

    1    2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
人気の記事

Copyright © 2016 Powered by Access でグループフッターがあっても詳細の下にページフッタご拝読頂きありが...,ms access runtime error  

sitemap

Top